美容外科への転職のすすめ、
TCBだからできること

広報の梅原です。
TCBの研修体制や
他美容外科クリニックからの
転職の動機、美容外科医に
なったあとの生活の変化など、
入職されたTCBドクターの皆様との
対談を通して
情報をお伝えいたします。

TCBの研修体制について

  • TCB 新宿三丁目院 院長
    村田 大典

  • TCB 新宿三丁目院 副院長
    塩満 恵子

  • TCB 池袋西口院 院長
    石田 眞大

梅原TCBでは研修に力を入れており、そこが魅力で美容外科を希望する先生方が集まっています。実際、入職されてTCBの研修体制についてどう感じていますか?

塩満先生美容外科は他の診療科と違って、ガイドラインも無ければ、成書も少ないですし、自分で勉強しようとしても、なかなか難しいですよね。TCBに入職すると、オリジナルの美容処置マニュアル、研修用動画、手技練習キットがもらえるので、手技に関して不安の方でも確実にレベルアップできる仕組みにはなっているのがよかったです。

石田先生研修動画を見ることはとても重要ですね。何度も繰り返し見て頭の中に叩き込みました。

村田先生動画はとても技術の高い先生のお手本なので、自分にも簡単にできてしまいそうですが、実際に手を動かしてみると縫合一つとっても奥が深く日々、気付きと反省、上達を繰り返しています。
目標を意識した上で楽しく緊張感を持って日々頑張っていると、気づけばできることが増えており、やり甲斐や達成感を感じられます。指導医の先生方には、クリニックの運営もお忙しい中、どの先生も丁寧に指導していただき、また自身の処置やカウンセリング・スタッフさんとの接し方等に至らない点があった場合はしっかりフィードバックもいただけるので、手技以外にも学ぶところが大変多くあります。

梅原TCBでは症例数が多いこともあり、やる気さえあればどんどん経験して成長していくことが可能ですよね。実際研修スピードや指導医の先生の印象はどうでした?

石田先生研修体制はしっかり整っていると感じました。研修期間中は様々な院に出張して、各院で技術指導医が研修医師を指導しており、未経験の方でも安心して技術習得が可能です。私の場合はできるだけ早く技術習得をしたかったので、スピード感をもって研修しておりました。もちろん研修のスピードは自分で調整可能ですね。

村田先生私は初期研修修了後にそのまま転職したので、研修体制・スピードに関して正直不安を抱いていました。
しかし実際勤務が始まってみると、各指導医の先生の下で、『施術課程表で自分の課題や次の目標を確認し、研修動画で予習・イメージトレーニングし、指導医の施術を見学し、実際に処置をさせていただき、フィードバックを受け次回に活かす。』という一連の流れでスムーズに手技を身につけることができました。

塩満先生指導医の先生は30代から50代まで幅広く、大学病院のオーベンのような感じでなんでも相談しやすい雰囲気ですよね。しかも最初は指導医の先生と一緒に施術するので安心!!

梅原皆さん、研修には満足されているようでよかったです。実際、美容外科に入ってみて思っていたイメージと違いましたか?TCBグループのイメージについても教えてください。

村田先生美容クリニック業界は実際入るまでは、いろいろな意味で剣呑(けんのん)な業界かと心配もありました。しかしTCBグループの雰囲気は大変良く、しっかり実力を身につければ、ドクターもスタッフも患者様も幸せになれる良い職場だと感じています。やり甲斐、働きやすさ、収入面、グループの勢い含め、わくわくしています。

石田先生TCBは美容業界の中でもとりわけ勢いのあるグループですので、和気藹々とした雰囲気です。元気で前向きな明るい医師やスタッフが多い印象を受けます。各院によって雰囲気は違って・・・
東北の院では落ち着いた先生が多い印象で、新宿など都内の院では勢いのある元気な先生が多いなって。

塩満先生個人差は多少あると思いますが、入職6ヶ月で埋没やヒアルロン酸豊胸、鼻の整形ができるようになるドクターが多いですよね。他の大手美容外科では考えられないようなスピードですよね。美容外科で働いている友人はたくさんいますが、TCBのことを話すといつも驚かれます。

梅原日々働く上でのストレスはどうですか?

石田先生研修期間中、実はそれなりにストレスはありました。移動が多いことと、自分の力不足を感じることが大きなストレスでした。その中でも辞めずに頑張れたのは、先輩方が暖かく支えてくださったからだと思います。人間関係で大変なことが全くないわけではないですが、それはどこの職場でも同じことです。そういう人とも表面上うまくやっていくのが、社会人というものではないでしょうか。

医師採用エントリーフォームへ

梅原ところで村田先生は美容外科に転職して、最短で院長になっていますよね?

村田先生はい、4月入職ですので約半年で院長の任に就かせていただくことになりました。これほど早く任せていただくことになるとは思っていなかったので、打診された時は大変驚きました。
もちろん手技やマネージメントを意識して磨くという個人の努力も欠かしておりませんでしたが、これほどスピード感を持って大役を任せていただけたのは、優れた研修体制の下で指導医の先生方から熱心に教育していただいていることや、またグループが発展していくところに居合わせたという、環境やタイミングに恵まれた部分も多分にあると思います。

梅原TCBでは2ヶ月ごとに全体ミーティングがあって、夜は楽しい懇親会をやっています。塩満先生はミーティング後の懇親会も楽しんでいますね?

塩満先生はい、アットホームな雰囲気で楽しいです。
普段あまり勤務が一緒にならない先生とも飲みながら仲良くなれるので、気づいたら一緒に働いたことないのに、インスタではよく絡んだりするようになります。
ドクターだけではなく、スタッフさんも優しくて楽しい方ばかりなので、人間関係でストレスになることないので、気持ちが楽ですね。

梅原楽しい職場環境を提供できていることはとてもうれしいことです。ところで、美容外科医にとって大切なことってどのように考えられていますか?

村田先生個人によって強みは様々かと思いますが、観察眼は重要な能力の一つかと思います。手術の仕上がりが美しいか否かを判断したり、指導医の先生と自分の手の動きの違いを認識したり、スタッフさんの連携が上手くいっていない兆候を事前に察知したり、またカウンセリングにおいて患者さんのコンプレックスや響く言葉をみつけたり、来院数の増減とその原因を分析したり等々、差異や変化や違和感を認知できる観察眼は様々な場面で活きてくると思います。

石田先生私は美容外科医に必要な能力は大きく分けて、3つあると考えています。1つ目はカウンセリング力です。お客様に必要な施術を見極めその施術を受けていただくためには、その施術の良さをお客様にお伝えする必要があります。
2つ目が技術力です。お客様に満足していただくためには確かな技術力が必要です。そのためにはたくさんの症例を経験する必要があるかと思いますが、当グループにはそのための症例が豊富にあります。
3つ目がマネージメント能力です。クリニックは医師のみでは運営できません。クリニックで働く全ての職種の方が心地よく満足に働ける環境作りが美容外科医に求められ、この能力の獲得が最も難しいと思います。

梅原では、最後に美容外科への移籍を検討されているドクターへ一言お願いします!

村田先生TCBは今最も勢いのある美容グループの一つで、働きやすく、チャンスも多く、ドクターにとっても夢のあるわくわくできる職場だと思います。皆様とともに働ける日を楽しみにしております。

石田先生TCBグループは都内を中心に全国へ拡大中です。「大都市の院長になりたい。バリバリ働いて稼ぎたい。」という方にはチャンスしかないグループです。私たちと一緒に楽しく元気に働きましょう。

塩満先生美容に進むのにあたって、私もそうでしたが、不安なことはたくさんあると思います。
たくさんの美容外科を見学して、最終的にTCBに決めて入職した私ですが、仕事がこんなに楽しいと思えたのは初めてで、入職前に感じていた不安は嘘のようです。
今、日本で一番勢いをつけつつあるこの美容外科グループで、美容医療を一緒に盛り上げましょう!

エントリーはこちら

医師へのエントリーは、エントリーフォームよりご応募ください。
エントリーされる前でも、無料院内見学は参加可能ですので、ぜひご活用ください。

医師採用エントリーフォームへ

ページトップ