医師・指導医3

相良 卓哉 医師

医師・指導医3

TCB 東京中央美容外科
指導医  相良 卓哉

Dr.Profile
東北大学医学部卒。世界屈指の医学部を有する米国ジョンズ・ホプキンズ大学への留学経験を持つ。国際医療福祉大学三田病院を経て、2020年3月TCB入職。
TCB浜松院の院長を歴任後、現在は2021年3月に新たに開院したTCB秋葉原院の院長を務める。
秋葉原院開院と同月、TCBの指導医に就任。医療技術の提供だけでない、患者様の満足度を何より重視した丁寧で親しみある接客サービスで数々の笑顔を咲かせるTCBグループの若きホープ。

Point1 TCBを選んだ理由
美容外科医としての今

美容外科医としての道を選択するにあたり、他の大手美容クリニックなど複数の見学会に参加しました。どこにしようかと迷っていた矢先のTCBの院内見学で、ご対応いただいた先生の美容外科医としての考え方、そして組織が掲げる「働くスタッフも幸せである」という理念にとても共感できて、見学したその日に入職を決めました。
今となっては自分でもだいぶ大胆な決断をしたなと思うのですが、その選択は正しかったと強く感じています。医師の努力と技術に対しての正当な評価と手厚いサポートはTCBの大きな強みです。もちろん働きやすさの面でもとても配慮いただいていて、医師であっても希望休や有給の申請が気軽にできるのは日々の充実さにつながって、毎日を楽しく過ごせています。

Point2 指導医が振り返る
TCBの技術習得速度

TCBの研修制度はしっかりと体系化されており、極めて合理的でスムーズです。振り返ると、僕も入職して半月後には二重埋没法と糸リフト、ヒアルロン酸豊胸といったメジャーな施術を実際に担当させていただいていたと思います。もちろん個々の習得速度に多少の差異はありますが、美容未経験者でもヒアルロン酸などの注入系は入職から1ヶ月、鼻整形は2ヶ月、切開を伴う施術も3ヶ月ほどで習得できる環境にあるのがTCBの研修制度です。これは他の美容クリニックではなかなか実現できない速度だと思います。
研修を受ける側だけでなく、指導する側のフローもしっかりと構築されているので、指導医として自身の考えを交えながらも、効率的に新しく入られた先生方に美容医療の知識と技術を伝えることができています。

ピックアップ エピソード

前述の習得速度は、TCBの圧倒的な症例数、そして何より若手医師に与えられるチャンスの数によるものです。同時期に別の美容クリニックへ転職した前職の同期がいたのですが、久しぶりに再会して情報交換したところ、入職して半年で50症例担当できたという話を聞きました。同期には申し訳ないのですが、僕の場合、50症例を達成したのは入職して半“月”後でした。
症例数は美容外科医にとって最初のスタートダッシュに直結するものですので、多くの症例をこなす機会を与えていただけるのはTCBの一番のメリットだと思います。

Point3 上を目指したいからこそTCBを

前述のとおり、TCBは研修制度がしっかりしているので、やる気はもちろんのこと、社会人として必要なマナーと、グループが教える結果に結びつく行動を継続することさえできれば、誰であっても成長速度を加速させることが可能です。
施術もどんどん任せてもらえますし、結果を残せば残すほど、上へ上へと昇っていけるチャンスがあるグループです。美容外科医としての高みを目指したい方にとっては、他の大手美容クリニックと比べて大きくその道が開けているかと思っています。あと、職場の雰囲気が良いので単純に働いていて楽しいですね。僕が一番TCBで好きなのは、実はその点だったりします。

Point4 美容外科医として
技術習得の先にある視点

僕は美容未経験から入職して7ヶ月で院長職、1年で指導医という役職を与えていただきました。院長になると視点が広くなり、ただ医師として美容整形の技術を振るうだけでなく、組織をマネジメントする者としてクリニックに所属するスタッフのことを考えて行動する力が身につきました。そして指導医となると、さらに肩を並べて日々診療にあたる仲間の医師のことも考え、導くということを強く意識するようになりました。
TCBは医師の実力をしっかりと評価してくれます。常にやる気をもち、自身の行動をフィードバックして次に活かすことができれば、必ず美容外科医として輝ける。実際にそうしてきた僕が保証します。ご相談やお問い合わせも歓迎しますので、SNSのDMなどでお気軽にどうぞ。

相良 卓哉 医師の声

相良 卓哉 医師の声

入職を検討中の
先生方へ

僕はこれまで、美容外科医という道を選んで、TCBを選択して後悔したことは一度たりともありません。僕と同じように若くして美容外科医を志す方にとって、自由診療に転身する心配事やリスクは尽きないものだと思います。ですが、TCBはやる気と実力を正しく評価してくれますので、どうか恐れず、勇気を出して門戸を叩いていただきたいと思います。
最後にひとつだけ、保険診療でも自由診療でも、医師は患者様一人ひとりに誠実に向き合わなくてはいけないという姿勢は共通のものだと思っています。もしあなたがTCBに参加し、美容外科医として共に肩を並べて日々の診療に取り組めるのであれば、それだけは忘れずにおいていただけると嬉しいです。

Message
メッセージ

東京中央美容外科は創立7年目にして全国に50院近くの医院の展開をしている業界急成長のグループです。「患者様と働くスタッフが幸せになれるクリニック」という理念のもと、グループ全体で患者様にとって通いやすい環境、スタッフにとって働きやすい環境を目指し様々な施策が取られています。女性が長く活躍できるクリニックで一緒に働きませんか?

Pick upVoices
ピックアップ ボイス

医師

当院の医師へのエントリーは、
エントリーフォームよりご応募ください。