INTERVIEW社員インタビュー

システム管理ディレクター

郡山事務所

2016年入社

  • メディカルフロンティアを選んだ理由

    「これからの成長に期待して」

    私が入社したのは2016年、当時はまだ設立から1年ほどで、会社としての規模はごく小さなものでした。「次はクリエイティブに挑戦したい」と半年ほど自主学習していた時期と重なり、未経験でも募集していたメディカルフロンティアとはお互い都合がよかった、という理由が一番でしょうか。
    当時は「会社のこれからの成長に期待しよう」という思いで入社したのですが、ほんの数年で思っていた以上にすごい会社になりましたね。本社も東京のど真ん中に移転し、能力の高い仲間がどんどん集まって。正直、この変化には驚いています。

  • メディカルフロンティアでの役割

    「クライアントの経営方針に
    関わる領域を」

    入社当時はWebコーダーとしてサイト制作の一端を担っていましたが、現在はクライアントの社内システム管理とデータ集計を担当しています。入社当時に希望していたクリエイティブからは離れてしまいましたが、前職で培った経験は生きているので、収まるべきところに収まったという感じはします。
    ただ、全国展開する規模のクライアントがあり、自身がその心臓となっている、自身が集計するデータがクライアントの経営方針を左右している。そう思うと非常にワクワクしますね。仕事の規模と責任感は、高揚感とイコールなのではないかと思います。

  • 仕事とプライベート

    「仕事よりも朝早く起きる休日」

    当初、ベンチャー企業というと変わり者も多いのでは、なんて不安もありましたが、案外みんな普通の人で安心しました。企業が大きくなるにつれていろいろな仲間が増えて、とても刺激になっています。人間関係もよく、会社の成長も十分に実感できているからこそ、安心して全力でオフの日を楽しめるという大きな利点がありますね。
    バイクを所有しており、休日は愛車にまたがって温泉とパン屋を回り、レビューを投稿するというのが今一番の楽しみです。それこそ、休日の方が早起きしているくらいです。

  • 入社をご検討されている方へ

    「“寝ても起きても楽しい
    仕事”を自分の手で」

    ドライな考えかもしれませんが、私は「社員は傭兵である」というスタイルです。良い会社だからといってそこに依存したりせず、会社を踏み台にするくらいの勢いで日々の業務にあたるべきと考えています。
    重要なのは組織に縛られることではなく、仕事に対する姿勢と気概。シンプルに、そして真摯に業務と向き合えば、余計な不安や心配に惑わされない、“寝ても起きても楽しい仕事”を自分の手で作り出すことができるはず。「自分はこの会社に適合できるだろうか」とは考えず、「ここが自分の戦場だ」という気概で、臆することなく挑んでもらえればと思います。

OTHER INTERVIEW

  • 広報・PRゼネラルマネージャー

    2019年入社

    東京本社

  • WEBチームデザイナー

    2019年入社

    東京本社

  • 人事

    2019年入社

    東京芝支社

  • 広報・PR記者/ライター

    2017年入社

    東京本社

  • システム管理ディレクター

    2016年入社

    郡山事務所

CONTACTお問い合わせ

ページトップ